期間従業員

なぜ期間従業員として働くのかについて

求人情報誌やサイトなどには様々な働き方の求人があります。期間工も働き方のひとつで、期間従業員とも言われています。企業によって、一年の中で特に忙しい時期に募集がかけられ、その時期には人手を増やす必要があるのでその対策としての募集形態が多いです。特定の時期に集中して雇いたい企業には、期間従業員という人材はとても都合が良いのです。このように、就業してもらう期間を一定の期間に限定して直接雇用をしていく形での契約社員を期間従業員と言い、就業期間を定めない一般的な働き方と区別しています。製造ラインでの求人によく募集がされていますし、近年では外国人労働者の応募も多いです。当然ですがその期間が終わると、契約書に書かれているように、雇用関係も終了しますので、次の事を考える必要があります。

期間従業員は雇用側と働き手の都合がマッチしていることが多い

雇用期間を定めていない一般的な働き方をしている人からみると、なぜ期間従業員として働くのかと思われることもあります。やはり雇用での安定性の面から考えると、一定の期間が過ぎると仕事を辞めなければならないので、再就職などを考えると大変なことも多いです。それぞれの人に事情はあるでしょうが、正社員に応募してもスキルや年齢のせいでなかなか採用に至らなかったという場合もありますし、家庭の事情などで、長く1つの仕事を続けることが難しい場合もあります。また一定期間での募集ということで、短期間だけ集中して働くほうが性格に合っていたり、給料がかえって高額になるような期間従業員の募集もあります。企業にとっての雇う都合と、働き手の都合がマッチしているから、この形態での雇用が成り立っているのです。

期間従業員が終わったら再就職する人も多い

期間従業員を終えた方々のその後も実に様々ですが、継続的な雇用を望んでいる人は、すぐに他の求人に応募している人が多いです。しかも休んでいる期間が長くならないように、期間従業員としての期限が終了する前にいくつかの求人に応募して、また採用をする人も多いのです。期間従業員を終えてから働かない期間が長くなると、次の就職も決まりにくいことが多いですので、より早く就職活動を始めるのです。そして次も同じような職種の期間工を応募する人もいれば、チャンスがあれば今度は正社員になりたいと考えて行動する人など様々です。反対に雇われた期間が終わったら、一旦は休もうと思っている人もいます。勉強や、旅行、家庭の事情など、働きながらではできないことをするための充電期間のようなものです。それぞれの人の事情に合った働き方の選択肢があるのは、良いことだと言えます。