期間従業員として働くメリットについて説明

期間従業員は別名「期間工」とも言いますが、期間従業員とは、自動車や電子部品のメーカー等の工場で就業期間を定めて労働契約を結んでいる契約社員のことです。また、就業期間の定めがない正社員は本工や常用工と呼ばれます。期間従業員と派遣社員の違いは、会社から直接雇用される所です。アルバイトと比べて給与が高いので、何か目的があって短期で資金調達したい方に向いている雇用形態といえます。採用のハードルが低く、学歴が不問、未経験者でも歓迎してくれるメーカーもあります。福利厚生がしっかりしている会社もありますし、殆どの会社は寮に入ることになるので生活費を節約して貯金することが出来ます。勤務開始から6カ月後に有給を取得でき、長く働くごとに多くなりますが有効期限があるので注意しましょう。

期間従業員で働きたいと思った時に注意する点

期間従業員は、短期でたくさん稼げるし寮に入れるから節約できてとても魅力的ですが、その反面、注意しておきたい点がいくつかあります。募集している会社は製造に関するところが多いため、期間従業員の配属は大体生産ラインになります。営業のように外回りがあったり事務職のようにパソコンと向き合う仕事とは違い、単純作業を何回も黙々とこなしていく作業になるので忍耐力と集中力が必要です。また、慢性的な腰痛や膝痛といった関節痛をお持ちの方は、肉体的に大変な部分もあるかもしれませんので、対策を考えておきましょう。繁忙期には、残業や夜勤を強いられることがありますので体力が必要です。仕事の内容にやりがいを求めてしまうと、精神的に苦痛になる可能性もあります。安易に決めてしまうのではなく、よく自分の心身と相談して判断しましょう。

期間従業員で稼いだ資金で夢が叶う

期間従業員は、正社員で雇用してくれる会社もあるので、その仕事を契約後も続けたいと思えば正社員になる道もあります。就職活動中の方や安定した職に就きたい方は、一度検討してみてもいいかと思います。本場の語学を学ぶために留学したい、海外移住したい、世界一周旅行をしたい等の夢を叶える事もできます。現在飲食店で料理人として働いているが独立して開業するための資金を貯めたい、マイホームを購入するための頭金を貯めたい、欲しい車を現金で一括購入したい、老後の年金がいくら貰えるかわからなくて不安だから貯金しておきたい、と考えている方もいると思います。このように、短期で資金を調達したい方には最良の雇用形態といえます。デメリットもあるかもしれませんが、自分がやりたかった事を目標に頑張ってみましょう。